Google Arts & Culture で巡る、世界のバーチャル美術館の旅

こんにちは。会社員ミニマリストのカボチャです。

いきなりですが、皆さん、美術館は好きですか?

カボチャは大好きです。

年間で20以上は企画展に足を運びますし、旅行で訪れた街の美術館によく行きます。

ただ、美術館や博物館好きの皆さんには、今とっても辛い時期ですよね。

そう、コロナウイルスの影響で、全ての美術館が閉鎖しているからです!

そんな皆さんに、少しでも美術を楽しんでもらいたい。

とうことで、今回は、バーチャル美術館巡りを紹介します。

Google Arts & Culture

バーチャル美術館と言えば、ここでしょう。

Google Arts & Culture

世界中の主要な美術館や博物館の主要な作品を、家にいながら見ることができます。

また、ストリートビューで館内の探索もできますし、検索した作品が展示してある場所も確認することができます。

この、Google Arts & Culture、本当にすごいです。

Google Arts & Culture のすごいところ

では、Google Arts & Culture のすごいところを、ひとつひとつ見ていきましょう。

全世界の2000以上の美術館を掲載

すごいのは、その掲載数です。

全世界、2000以上の美術館や博物館、建築物が掲載されています。

一生かけても見れない数の美術館やその作品を、無料で見れるってすごくないですか?

ちなみに、各美術館を見たい場合は、コレクション、から見ることができます。

左上のメニューバーからも行くことができます。

作品の詳細、仔細まで見ることができる

コレクションから、好きな美術館を選んでクリックすると、その美術感の概要や歴史、所有作品を見ることができます。

また、「ストーリー」として、ある作品やテーマについての特集もしているので、興味があれば見てみてください。

「googleで翻訳」をクリックすれば、日本語に翻訳してくれますよ!

各作品をクリックすると、作品の詳細な情報を見ることができます。

作品の画像はもちろん、下記のような詳細な情報が確認できます。

  • タイトル
  • 作成者
  • 作成日
  • 作成場所
  • 実際のサイズ
  • Style(スタイル)
  • Provenance(由来)
  • Original Title(原題)
  • More Info(さらなる詳細)
  • タイプ
  • 外部リンク
  • 媒体/技法

美術館に行っても、ここまで詳細な情報は載っていません。

ここまでの情報が見れるのは、正直嬉しい・・・。


試しに、ニューヨークにある『MoMA The Museum of Modern Art』の、ゴッホの『星月夜(The Starry Night)』という作品を見てみましょう。

コレクションで、『MoMA The Museum of Modern Art』をクリックするか、検索します。

MoMA The Museum of Modern Art』のページに行ったら、

The Starry Night』をクリックすると、この作品の説明と詳細を見ることができます。

詳細は下記です。

ゴッホ、ポスト印象派、製作年、などの基本情報はもちろんのこと、

製作場所や作品の由来、など、美術館に行っても確認できない情報を見ることができます。

そして、『Google Arts & Culture』のすごいところはここから。

作品の画像をクリックすると、作品の精細画像を見ることができ、さらに細部まで確認ができます!

これが、どのくらいすごいのかというと。

まずは作品の全体です。

ここから、星のひとつを拡大してみます。

筆跡が見えるくらいまで拡大できました。

更にここから拡大してみます。

絵の具の凹凸が分かるくらいまで、見ることができます!

もし、日本の美術展でこの作品が展示されたとしても、ここまで近寄って見ることは、ほぼ不可能です。

日本の美術館の展覧会は、そのほとんどが作品から一定の距離を置いて見る必要があるからです。

また、海外の美術館であれば間近で見ることできるかもしれません。

ですが、ここまで肉眼でじっくり見ることはできないでしょう。

好きな作品、見たかった作品を、とことん楽しめる。

これが、Google Arts & Cultureのすごいところ、です。

美術館の中を歩き回れる

Google Arts & Culture では、作品を見るだけでなく、美術館の中を探索することができます。

Google ストリートビュー、の屋内版ですね。

また、見たい作品が、美術館のどこに、どのように展示してあるのかも確認することができます。

例えば、先ほどの、『MoMA The Museum of Modern Art』の、ゴッホの『星月夜(The Starry Night)』を見てみましょう。

作品解説の中に、「ストリートビューで表示」とありますので、そこをクリックします。

すると・・・。

作品が展示してある場所に移動しました。

ここから、作品に近づいたり、美術館内を移動することができます。

作品の大きさや、どんな展示をされているのか、雰囲気がわかりますよね。

「この作品、こんなところに展示されてるんだ」

「この作品のある展示室、この有名な作品もあるんだ!」

のように、時間を忘れて楽しめます。

おすすめの美術館を紹介します

さて、ここからはGoogle Arts & Cultureで見ることができる、おすすめの美術館を紹介していきます。

オルセー美術館

オルセー美術館

パリ中心部にあるオルセー美術館は、印象派やポスト印象派の作品を多く所蔵している美術館です。

ドガ「In a Café」

マネ『Luncheon on the Grass』
マネ『Olympia』

あたりが有名ですね。

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館はオランダの美術館です。

日本でも人気のフェルメールのコレクションが素晴らしいです。

『牛乳を注ぐ女』
『恋文』
『青衣の女』

などの有名作が、特集されています。

フェルメールの作品をここまで仔細に見ることは、研究員でもない限りできないと思います。

細部を見ると、繊細なタッチで光の加減が再現されているのが良く分かりますよね。

レンブラント『夜警』

も、アムステルダム国立美術館の所蔵です。

MoMA The Museum of Modern Art

MoMA The Museum of Modern Art

マンハッタンのミッドタウンにある近代美術館(MoMA)もオススメです。

すでに紹介した、

ゴッホ『The Starry Night』

も有名ですが、

個人的には、大好きなアンリ・ルソーの

アンリ・ルソー『The Dream』

を推したいと思います。笑

ニューヨークは世界の中でも、コロナウイルスの被害が大きいので、早く収束することを願っています。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

美術館だけでなく、ヴェルサイユ宮殿のような歴史的建築物も見ることができます。

ヴェルサイユ宮殿について知るのもいいし、有名な『鏡の間』を探索するのも楽しいですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

コロナウイルスによる外出自粛で、旅行や美術館に行けないのは正直辛いですよね。

こんな時こそ、行きたかったけどまだ行けていない、世界の美術館や建築物をGoogle Arts & Cultureで旅してみましょう。

どんな作品が、どの美術館にあるか。

作品の解説を読んで、作品に思いを馳せる。

いまは、エネルギーとお金を貯めて。

そして、コロナ禍を乗り切った暁には、見たかった作品を見に旅に出ましょう!