こんな時だから、新型コロナウイルス対策に有効な情報をまとめてみました

こんにちは。会社員ミニマリストのカボチャです。

新型コロナウイルス感染症が、世界中、そして日本でも猛威を振るっています。

この影響で、仕事に支障が出たり、普段通りの生活ができない方、そして、今後の先行きが見えない不安でいっぱいの方も多いかと思います。

こんな時こそ、パニックにならず、正しい情報を入手し、リテラシーを持って行動していく必要があります。ですが、一部のテレビやネットをみていると、センセーショナルな話題ばかりを報道し、皆さんが本当に必要な情報を発信していないのではないかと思うことが多くなりました。

そこで今回は、新型コロナウイルス感染症について発信されている有益な情報をまとめてみました。カボチャはもちろん専門家ではないので、情報の取捨選択は自己責任でお願いします、ということになるのですが、客観的で科学的根拠に基づく情報源を紹介しているので参考にしてみてください。

政府関係の発信情報

内閣府や省庁が発信している情報は、下記から入手できます。

新型コロナウイルスの、日本での最新情報、日本政府が今どのような対策を行っていて、今後どのような方針で対応していくか、がわかります。

内閣官房新型インフルエンザ等対策室、のまとめている、「新型コロナウイルス感染症の対応について」のページは、国民に対してのお願いや、各種支援の情報がパンフレット等で上手くまとまっています。

また、各自治体へのサイトも「政府・自治体の取り組み」でまとまっていますので、お住いの地域の情報を知りたい方はここから探してみてください。

内閣官房内閣広報室がまとめている「お役立ち情報」は、分かりやすい言葉で支援が必要な方への情報をまとめています。

国内の発生状況や、政府の対策、国民の皆さんへの対応のお願いなどが、詳細な数字や説明を持って紹介されています。

詳しい情報が入手できるのですが、やはり見にくいサイトではあるので、ニュースで報じられているようなコロナウイルス関連の詳細が知りたい方におすすめです。

企業、個人事業主、フリーランスへの支援

企業、個人事業主、フリーランス、への支援等の情報が知りたい方は、下記の経済産業省のサイトを見てください。

特に、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた業種の方や、フリーランスの方は、自分がどういった公的支援が受けられるかを確認された方がいいかと思います。

都内の最新感染動向

東京都在住の方、東京都の感染状況を知りたい方は、下記のサイトがよくまとまっているので参考になさってください。

世界のコロナウイルス感染状況

世界のコロナウイルスの感染状況を、分かりやすいチャートやマップでみたい方は、日本経済新聞社がまとめている下記がおすすめです。数字やチャートで見やすく、かなり危機的な状況であることが分かります。

  1. チャートで見る新型コロナウイルス感染

    世界の感染者数、死者数や、国別のデータがチャートでわかりやすくまとめられています。各国の感染者数、死者数の急増を見ると、かなり危機的な状況なのを理解できます。
  2. 新型コロナウイルス感染 世界マップ

    世界の感染者数をマップでまとめています。これを見ると、中国、欧州、アメリカでの感染拡大が多いことがよくわかります。

個人発信の新型コロナウイルス情報

個人、といっていいのかわかりませんが、iPS細胞の開発でノーベル生理学・医学賞を受賞された、山中伸弥さんの「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」のサイトがよくまとまっています。

特に、「証拠(エビデンス)の強さによる情報分類」は、エビデンス(証拠)があり正確さが高いと思われる情報、反対に、エビデンスに乏しくもっと検証が必要な情報、等がまとめられており、メディアで報道されている情報がどれだけ確かな情報に基づいているか、を確認することができます。

テレビやネット、新聞などの情報を鵜呑みにしてパニックを起こすのではなく、いろんな媒体から情報を収集し、自分で考えて整理することが大切です。

情報を発信することはリスクを伴います。なぜなら、正しい情報をきちんと伝えていく必要があり、発信する情報の確からしさを確認する責任が生じるからです。

そういた点を考えると、山中伸弥さんの思い切った提言、情報の網羅性、エビデンスを確認した上での発信は、勇気のある行動だと思います。

皆さんにできること

新型コロナウイルス感染症に対し、皆さんができることは下記のようにシンプルです。

  • 外出、そして、人との接触をできるだけ避ける
  • 特に、「3つの密」を避ける
  • やむを得ず外出する場合にはマスクを着用する
  • 感染の疑いがある場合には、「帰国者・接触者相談センター」に相談

新型コロナウイルスは、人から人へ感染し広がっていきます。特に、下記の「3つの密」の状況下で感染のリスクが高まります。

  1. 換気の悪い、密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場所

新型コロナウイルスの怖いところは、気づかないうちに自分が感染源になっているかもしれないところです。感染してしまうことばかりを心配しているかもしれませんが、もしかすると皆さんが身近な人に感染をさせているかもしれません。

特に身近に、高齢者の方や基礎疾患がある方は、新型コロナウイルス感染症に感染すると重症化する可能性が高く、致死率も高まります。

これからは、感染しないように行動することも大切ですが、もしかしたら自分が感染させるかも知れない、という意識を持って行動することも大切です。

普通の日常生活を送れない状況は、とても大変だと思いますが、今を乗り越えてこそ明日があります。正しい情報を入手し、パニックになることなく、この状況を乗り切っていきましょう!

適度な運動、ストレス発散方法

とはいっても、普段どうりに外出できないのは運動不足にもなるし、ストレスも溜まりますよね。そこで、簡単にできる適度な運動、ストレス発散方法を紹介します。

まず、運動不足の解消についてです。

  • 少し長い散歩にでる(1-2時間)
  • 健康な人はランニングもいいです。(症状ある場合は絶対NG)
  • ジムに行けない人は、家での筋トレ

体を動かさないと、ストレスが溜まり、精神的にもよくありません。普段通りに動けない分、普段以上に適度な運動を心掛けた方がいいです。

特に、部屋にいると日光を浴びないので、意識して散歩に出ると良いと思います。例えば、在宅勤務の方は、朝夕の通勤時間に通勤をしないかわりに、散歩をするのがいいかも知れません。

ジムに行けない人は、家での筋トレがオススメです。ただ、家にはマシンがないので、自重筋トレをやってみましょう。自重筋トレは、下記の本がオススメです。これを機会に、ヨガマットとトレーニングチューブを入手して、家でも筋トレができる環境を作るのをおすすめします。

このブログではミニマリズムや断捨離について紹介しています。家で退屈をしている人は、これを機に、家の片付け、整理をはじめて、ミニマリストになってみませんか?

関連記事は下記です。合わせて読んでみてください。