「ミニマリストになってよかった10のこと」を会社員ミニマリストが正直に書きました。

こんにちは。会社員ミニマリストのカボチャです。

今回のテーマは「ミニマリストでよかった10のこと」について話していきます。

ミニマリストって、なると何かいいことあるの?という素朴な疑問に、カボチャの実体験からお答えします。こんないいことがあるんだ、って感じで、ざっくりと読んでいただければと思います。

まずは生活面から、ミニマリストになって良かったことを見ていきましょう!

1. 掃除に時間がかからない

ミニマリストは、所有物が少ないです。物が少ない、整理されているということは、当然、掃除が楽です。

ミニマリストは掃除が楽っていう自慢。おすすめの掃除方法を教えます!で、カボチャの休日の朝の掃除について紹介しました。

床やテーブルの上に置いてあるものがほとんどないので、掃除の度にものを移動させる必要がありません。

なので、掃除機をかけたり、拭き掃除をするのが本当に楽ちんです。

また、ものが決まった場所に必ず置いてあり、流れで掃除ができるので、とても効率的です。

休日の朝の掃除はめんどくさいどころか、気持ちよく休日を始めるためのルーチーンになっています。

2. 服に関する悩みが無くなった

ミニマリストの持っている服は、厳選されています。

ミニマリストになってから、服に関する悩みが本当になくなりました。ですが、服に無頓着になったとか、そういうことではありません。

お気に入りの服を、厳選して所有しているイメージです。

こんまり流に学ぶ、服の断捨離と整理のための5つのルール。これであなたも収納上手。」で紹介しましたが、自分の服の好みやスタイルを理解して、必要な服だけを所有しています。

これができていると、なにが楽かというと。

  1. 毎日の服選びが楽
  2. 新しい服を買う時が楽

ということで、服に関する悩みから解放されて、服を着るのが楽しくなります。

服の断捨離と整理のついては、こんまりさんの下記の本が超絶おすすめです!

毎日の服選びが楽

カボチャは会社員なので、仕事用の服を持っています。オフィスカジュアルって感じですね。

そして、仕事用の服はルーチーンで決めてしまっています。

なので、毎朝、服をピックアップするのに10秒もかかりません。

悩むとすれば、季節の変わり目に、コートを着ようか、ジャケットにしようかなとか、そのくらいです。

プライベートの服も、季節ごとに大体3パターンのルーチーンを決めています。ですので、プライベートの服も、服を選ぶのにほとんど時間がかかりません。

その日の予定のTPOで、着ていく服が決まってくるので、組み合わせをクローゼットから出して終わりです。

新しい服を買う時が楽

新しい服を買う時も、ミニマリストだと楽ちんです。

こんまり流に学ぶ、服の断捨離と整理のための5つのルール。これであなたも収納上手。」で紹介した、下記のルールを守ると、とても服選びが楽になります。

ルールその3 – 新しい服を買うときは、いま持っている服を必ず捨てる

新しい服を1着クローゼットに追加するときは、いま持っている服を1着、断捨離します。

こんまり流に学ぶ、服の断捨離とコツ。服のミニマムな収納と維持のための3つのルール。

なぜかというと、服を買う時に、自分が本当に欲しい服なのか、一瞬で判断がつくからです。

ほんとかよ、って思うでしょうが、これは本当に役に立ちます。どう判断するかというと、簡単です。

お店で服を手に取ったとき、いま持っている服を捨ててまで、この服が欲しいかどうか、を考える。

これだけです。大体は、手に取った服をそっとお店の棚に戻します。笑

もし、いま持っている服を捨ててまで、欲しい服があったときはどうするか。

具体的にクローゼットの中のどの服を手放すかを決めて、レジに向かいます。

これだけです。ぜひ、実践してみてください!

3. 支出が減った

ミニマリストになってから、支出が減りました。

理由はシンプルで、「片付けられない人は必見。部屋の片付けの3つのコツをミニマリストが紹介します!」で紹介した、生活用品の断捨離におけるルール、を実践しているからです。

  • 1つの用途に、ものは1つ
  • 洗う必要があるものの所有は2つまで
  • ストックは持たない

購入するものは、本当に必要になったものだけになり、ただ欲しくなって買うもの、がぐっと減りました。

以前であれば、欲しいものはなにも考えずに買って、結局使わなくる、ということが多かったです。

いまは、何かが欲しいなと思ったときは、既に同じ用途のものを持っているのであれば、それを捨ててまで欲しいかを考えます。

いま持っているものを捨ててまで欲しいものであれば、かなり吟味して購入します。

ただし、本当に欲しいものであれば、高くても買いますので、時期によっては支出が高いときもあります。笑

支出を抑えても、生活の質が下がってしまえば意味がありません。

必要な物を買う時の判断は、価格の高い安いでなく、QOL(Quality of life)、つまり、生活の質が向上するかで判断しています。

そして、シンプルに、そして、豊かになれる生活を、いつも心がけています。

4. 好きなものに囲まれた生活

ミニマリストになって、本当に欲しいものしか買わなくなった結果、生活の質がぐっと上がりました。

具体的にいうと、所有物一つ一つの機能性やデザインに満足しているので、日々の生活の中でものを使うのが楽しくなりました。

例えば、家電。必要な家電を、機能性や使い勝手をかなり考慮して購入しているので、毎回使うたびに、買ってよかったなって思いながら使っています。

欲しくなったときになにも考えずに買っていたときと比べると、所有物に対する満足度はかなり上がりました。

マグカップ一つでも、本当に気に入ったものを使っているので、お茶の時間も楽しむことができています。

本当にそんな感じで、ものを使うのが楽しくなりました。所有物一つ一つに、名前をつけてもいいくらいです。笑

5. やりたいこと、やるべきことが見つかった

ミニマリズムを実践する以前は、自分がなにをやりたいのが、なにをやるべきなのかが分からずに、いろんなことを始めては三日坊主で終わる、というのを繰り返していました。

ミニマリズムを知ってから、まずは自分の人生に必要ないものを断捨離していきました。

これは、ものだけでなく、人間関係、情報、などありとあらゆる事柄に、です。

特に本を断捨離しているときに、これがはっきりとわかりました。

自分の人生に関係することを断捨離した結果、やりたいこと、なにに集中すべきか、がわかるようになりました。

断捨離をしていく中で、自分の過去や、いままでしがみついていたものを、少しずつ落としていく。そんな作業をしていった感じです。

6. やりたいこと、やるべきことに時間を使えるようになった

断捨離をした結果、やりたいこと、やるべきことを見つけ、それに集中することができるようになりました。

例えば、やりたいこと、やるべきことをは何か。そして、やりたいこと、やるべきことをやるために、1日の中でどのくらいの時間が必要か。を、まずは考えました。

そして、それ以外のことに使っていた、時間、情報、書籍などを断捨離しました。

ものの放つ情報やメッセージは本当に強いので、断捨離をすることで、結果的に自分の人生に集中できるようになったと実感しています。

7. 仕事での優先順位付けができるようになった

ミニマリズムを実践するようになってから、仕事での効率化ができ、アウトプットの質が向上しました。

  1. 本当に必要な、やるべき仕事は何かを考える
  2. 必要のない仕事は、思い切って断捨離する
  3. 必要な仕事に、集中して時間を使う

のように、ミニマリズムや断捨離の考え方を、仕事の中でも自然と実践するようになり、下記のようなことが劇的に向上しました。

  • 効率
  • 仕事の質
  • 判断、決断のスピード

そして、もちろん評価も。笑

仕事がうまく進められない人は、ぜひミニマリズムを実践してみてください!

8. 断る力がついた

仕事でも、プライベートでも、断ることができるようになりました。

自分のやりたこと、やるべきことがはっきりしたので、それに集中するために、いまの自分にとって必要のないことは、断れるようになりました。

ドライだと思う人もいるかもしれませんが、断る理由がちゃんとあります。

  • 嫌々受けた仕事は、アウトプットの質が著しく下がること。
  • 仕事での誘いについては、嫌々参加しても、お互いに良い思いはしないこと。

いずれにしても、結果としていい方向に行かないことが理解できたので、断るようにしています。

そして、断ることでできた時間を、やりたいこと、やるべきことに使うことができるようになりました。断るということは、とっても大事なことです。

断る力、自分も欲しい!って人は、下記の2冊をおすすめします!

勝間さんの断る力は、断ることがなぜ必要なのか、断ることで得られるメリットなどを詳しく解説しています。

周囲との関係を悪くしない断り方なども説明されているので、まず読んでみることをおすすめします。

書評『嫌われる勇気』。人間関係の悩みを解決するためのヒントを教えてくれます。

でも、紹介しましたが、この本もおすすめです。

人間関係で悩んでいる人、他人の評価や、自分がどう見られているかを気にしてしまう人。

そんな人はぜひ読んでみてください。

9. ストレスが減った

ミニマリストになったことで、ストレスが減りました。

ストレスって、「自分が想定していた通りに物事が進まない」場合に感じることが多いと思います。例えば、下記のようなことです。

  • ほんとうはやりたいことがあるのにできない
  • 物事をコントロールできていない
  • 想定外のことが起こってしまった

なんとなく気づいたと思いますが、ミニマリストになることで、大体のことがコントロールできるようになります。

なぜかというと、ミニマリズム と断捨離で、やりたいこと、やるべきこと、を理解しているからです。

つまり、自分がコントロールすべきことや、範囲を理解しているので、自分の人生に関わることをコントロールしやすくなるんですね。

あとは、ミニマリズムの実践で、時間に余裕を持てるようになったり、生活の質が向上することでも、ストレスがかなり減ります。

ミニマリズム、ほんとうに有用!しかも、初期投資がゼロです。笑

10. 人生が豊かになった

ここまで読んでいただいた皆さんなら、お分かりかとは思いますが、ミニマリズムを実践して、ミニマリストになることで、人生が豊かになります。

ミニマリズムで、人生が豊かになる理由を解説します。」で紹介した、ミニマリズムの定義ををおさらいしたいと思います。

“本当に必要なモノだけを所有することによって、


人生の大切なことにフォーカスし、


より豊かな生活を送る

だれでもできるミニマリズム。ミニマリズムで人生を豊かにする方法。

みなさんも、ミニマリズムを実践して、より豊かな生活を送ってみませんか?

まとめ

正直ベースで、ミニマリストになってよかったことをまとめました。

この記事は、ミニマリストになってよかったこと、が増えるたびに加筆していく予定です。